2012年 04月 16日

旅の想い出・ロマンティック街道(4)

1999年4月にドイツ・ロマンティック街道を旅しました。その際撮ったフィルム写真をフォトアレンジメント(フォトデザイン)しデジタルフォトアートにして掲載しています。
紀行文は、家内が書いていた「淑子のヨーロッパ紀行・・ライン川、ロマンティック街道そしてアルプス」より転載しています。

ハイデルベルク 2
1999.4.30日
マルクト広場のレストランで昼食。ポークに衣をつけた揚げ物、ポテトフライ、人参の甘酢、ポテトスープ、アイスクリーム。ビアー、6マルク、ノンガスウォーター、2マルクを注文。
ゆっくりと食事をとった後、旧市内のハウプト通りを散策する。通りの両側には土産物の店やレストランがぎっしりと建ち並でいる。、騎士の家(ハイデルベルグで一番ふるい商人の家)、大学広場、旧大学の白い建物や学生牢などを見学しながらマルクト広場に戻る。


デジタルフォトアート
(画像をクリックすると大きくなります。)
f0160440_18131952.jpg
大学広場からハイデルベルク城を望む

[原画]
f0160440_18134686.jpg




ランキングに参加しています。ぽちっとクリックをお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

風景とネイチャーのブログを開きました。お暇な時にお立ち寄りください。
光 塗人 の デジタル フォトイメージング



by photopainter | 2012-04-16 18:15 | 旅行記 | Comments(2)
Commented by 受講生 at 2012-04-17 20:44 x
フォトデザインしたら、広場に集っている人達の表情が
生き生きして見えます。
お城の存在感も大きく見えます。

それにしても、13年前の旅行の事をよく覚えてられるけれど
旅行の記録をマメにつけているのでしょうか?
Commented by photopainter at 2012-04-24 13:51
訪問ありがとうございます。
昔から、家内が旅行記を書いていたので、それを見ています。
昔のことはなかなか覚えていられないので、旅行記を作っておくことは、大変いいことです。
お若いうちから作っておくといいですね。


<< 背景の研究(1)      旅の想い出・ロマンティック街道(3) >>